Concept

フレンチバルSTAUBの想い

~「フレンチ」という高級なイメージを変える~

ナイフフォークが綺麗に並んだテーブルでソムリエがワインの説明し、丁寧にワイングラスに注いでくれる。
ベストなタイミングで料理が運ばれてきて、丁寧に料理の説明をしてくれる。
食事中も目を合わすだけでサービスがご要望を伺いにくる。

フレンチをイメージするとこんな感じになるのではないでしょうか。
そんな高級なイメージのフレンチを否定するつもりはありません。むしろ私は好きなくらいです。
しかし、イタリアンのようにフレンチにももっと身近で、気楽に楽しめるお店があってもいいのではないかと感じます。

フレンチバルSTAUBはそんな「フレンチ=高級」というイメージを少しでも軽くして
毎日気軽に普段使いできるをコンセプトに作ったお店です。

かわいらしいフランスの装飾品が飾られ店内、料理中の作業がライブでみれるカウンター席、
気の合う仲間で宴会やサプライズパーティーができる2階席。もちろんデートでも。

お料理もガチガチのフレンチではなく、基本はお箸で。
和の食材や調味料を使ったり、他のジャンルの調理法を取り入れたり。
ワインだけではなく、ハイボールやサワーなど居酒屋定番の飲み物もご用意。

フレンチバルSTAUBをフレンチ居酒屋感覚でお使い頂き、もっとフレンチを身近に感じてほしい。


それが私達の想いです。

Introduction

Menu

Veiw

Access

Today’s frenchbar STAUBgram

  • 今日のフレンチバルSTAUBgram
    Bonjour🏻フレンチバルSTAUBの川口です! #gotoイート"バスチーでバ […]
  • 今日のフレンチバルSTAUBgram
    Bonjour🏻フレンチバルSTAUBの川口です! #gotoイートオープンしてます!入口改装完了 […]
  • 今日のフレンチバルSTAUBgram
    Bonjour🏻フレンチバルSTAUBの川口です! #gotoイート連休中日オープンしてますよー […]
  • 今日のフレンチバルSTAUBgram
    Bonjour🏻フレンチバルSTAUBの川口です! #HIROblog公式ホームページのHIR […]

HIROBlog

神戸のおすすめの飲食店のご紹介や日頃使っている便利なおすすめキッチンアイテム、料理の時短方法、はたまた僕が新たにチャレンジしているプログラミング勉強の進捗など、ざっくばらんなblogです。


Shop Info

お問い合わせ

profile

オーナー 川口浩志

1978.2月生まれ 岡山県出身
大阪の大学を卒業後将来は店舗開発の仕事がしたいという思いで、外食産業に入社しました。会社がフランチャイズしていた店舗の副店長、店長としてマネージメント業を経験。

 毎日の接客業務の中で「料理」の持つ奥深さに興味が湧き、やると決めたらすぐやる性格なので当時の上司に無理を言って店長の職を解いてもらい、料理の道に方向転換しました。
 同会社の和風ダイニングで2年。そこから転職して大阪のイタリア料理店で4年の修行をしました。

 将来独立の為には料理だけではなくもっと数字を勉強しなければという思いで神戸の会社に転職。店長、営業本部長の経験をしながら、5店舗の立ち上げに携わる事ができました。

 そして最後に立ち上げたこの「フレンチバルSTAUB」をオーナーから社内独立という形で譲り受け、今はオーナーシェフとして日々、試行錯誤しながら皆様の満足の為に毎日厨房に立っております。